心臓疾患や脳疾患などの治療法として高い期待を寄せられているのがカテーテルを用いた治療法です。これらカテーテルを用いた治療法は心臓カテーテル検査治療や脳カテーテル治療などと呼ばれていますが、カテーテル治療とひと言でいってもカテーテルを用いた治療法は様々で、歴史も浅いことから常に進歩を遂げている医療方法だと言えます。

カテーテル治療を簡単に説明しておくと、基本的には心臓疾患である狭心症や心筋梗塞、または脳梗塞や脳動脈瘤などの治療方法として行われることが一般的です。

これらの病気は基本的に血管に異常が起こり、血液が正常に流れないことが原因となる場合が多く、血流の妨げとなっている血管を修復する治療としてカテーテル治療が用いられます。

カテーテル治療のメリットとして、これまでのように胸や頭部を切開する必要がありませんので、身体への負担が大幅に軽減できますし、早い人だと治療後、数時間で退院して帰られる場合もあるそうです。カテーテルとはチューブ状の細い管のような医療器具で動脈などの太い血管から挿入して心臓や脳などの治療部位まで運びます。そして病気の原因となっている血管などをバルーン(風船)やステントと呼ばれる器具などを用いて治療することになります。局部麻酔での治療になりますが、痛みを感じることはほとんどなく、治療時間もわずか1時間程度で終わる場合がほとんどです。

カテーテルを用いた治療は多くの症例を経験した感覚が非常に大事な治療法ですので、お医者さんなら誰でも行えるという訳ではありません。技術によって治療時間や完治後の再発率などにも大きな差が生じるといわれておりますので、カテーテル治療を行う際は経験と実績がある医師を頼るのがより安全に治療を受ける手段でもあります。

日本国内には心臓カテーテルや脳カテーテル治療の第一人者と言われている医師が数名いますので、気になる方はインターネットなどを利用して情報収集してみましょう。

医療機関
大動脈解離の専門医